So-net無料ブログ作成
So-net無料ブログ作成

【乃木坂46】橋本奈々未 頭いい? [乃木坂46]

ななみんこと乃木坂46の橋本奈々未さんは頭がいいのか?ということですが、

結論から言って頭いいです。

まず橋本奈々未さんは小学4年生の時に、
全国統一公開模試でなんと1位をとったことがあるというから驚きですよね!
模試で全国1位なんて本当にすごいです!

そして高校は橋本奈々未さんの地元である旭川でも偏差値の高い進学校に入学しました。

乃木坂46の冠番組であった「乃木坂ってどこ?」で行われた頭脳王決定戦では、
当時の乃木坂46メンバー内で3位でした。

ちなみにその時の1位は秋元真夏と中田花奈で、
ななみんは秋元真夏に負けたことに悔しがっておりましたw

その他にも乃木坂46活動中の19歳の時に語彙・読解力検定準2級に合格するなど、
忙しい中でも学業の大切さも忘れませんでした。

あと勉強は嫌いだけど、大の読書好きらしいです。



橋本奈々未さんは教育熱心な両親の元で生まれたため、
幼少の頃から家庭内で英才教育を受けていたのだとか!
またしつけ等も相当厳しかったそうです。

橋本奈々未さんの小学生の頃の将来の夢は、なんと公務員だったそうです。
同級生である周りの子達がアイドルやタレントなどと言っていた中で、
彼女は公務員になりたかったなんて実にマセた子供だったのですね。

ななみんは家が貧しかったことなどもインタビューなどで語っていたこともあり、
それが公務員になりたかった理由として関係しているのかもしれません。



ななみんは小学生の時にバスケットボールに夢中になってハマり、
それからは中学校でもバスケ部に入り、部活に専念していたそうです。

バスケットボールに熱くなっていたにもかかわらず、
中学1年の1学期の中間テストではなんと学年1位をとってしまったとか!

でもそのせいで、ななみんは全く勉強しなくても大丈夫だと錯覚してしまい、
中学時代は勉強せずにバスケ部の部活動に専念してしていたらしい。

勉強はいつもテスト前の一夜漬け程度でしかやっていなかったため、
中3の頃には成績が急降下してしまったとのこと。

しかし、ななみんはどうしても行きたい高校であった旭川西高校への進学を諦められず、
中3の夏休みに学習塾にも通い始め、毎日12時間以上も勉強して、
合格するのは絶望的と言われていたのに、
夢であった念願の第一志望であった旭川西高校に見事合格してしまったのです!



高校進学後はバスケ部に入部するものの、
怪我によりプレーヤーとして活動するのは断念し、
今度はバスケ部のマネージャーとして専念していたのだそう。

ななみんの高校のバスケ部は強豪だったこともあり、
マネージャーとしての仕事もかなり大変だったため、
勉強もほとんどできる状態ではなく、
高校時代は成績もパッとしなかったらしいですね。

そんな中ななみん自身、高校卒業後は美大へ進学したいと考え、
学校の先生や親の反対を押し切って、
東京に上京することを決意しました。



橋本奈々未は東京に上京して通信制の美大に進学したものの、
親からの仕送りも無かったため、バイトをしながら大学に通い、
一日の食事はおにぎり一個という極貧生活で続いたらしいです。

橋本奈々未はとにかく、そんな極貧生活から解放されたいという思いのほうが強かったため、
当時まったくアイドルに興味がなかったにもかかわらず、
もしアイドルになれたらロケ弁当が食べられるかもしれないというだけで
乃木坂46のオーディションを受けました。

そして見事合格してしまい、ななみんこと橋本奈々未が誕生したのです。



なんだか、ななみんのこれまでの人生にはもちろん挫折や苦労もあったと思いますが、
こうして全体的に見ると、やろうと思ったことほとんどに合格しているので、
とんでもない頭の良さと運と才能を持った子ですよね;あとルックスもいいし^^;

乃木坂46卒業して芸能界を引退しても、その頭の良さと運の良さと美しいルックスで
色んな困難を乗り越えながら素晴らしい人生を送ってほしいものです。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。